フォト

Google AdSence

  • スポンサードリンク

フォトアルバム 「北海道の風景」 

  • 16 新冠町 「繁殖牝馬」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「北海道の風景」です。

フォトアルバム 「東京の風景」

  • 05 「子供地蔵」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「東京の風景」です。

フォトアルバム 「春」

  • 05 「船場川を泳ぐ鯉」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「春の写真」です。
無料ブログはココログ

« アストルティア個人的名所シリーズ ~エルトナ大陸編 其の一 「ツスクルの村」 | トップページ | 写真アルバム公開します♪ 「北海道の風景」~美瑛町 »

2017年7月23日 (日)

初恋の想い出 ~五つ葉のクローバーと神秘十字線

201509081814_276485410

はじめて、「女の子」という存在を意識したのは、小学校二年生のときだった。

私は、隣の席の子と馬が合った。

なにをするにも隣どうし。

必然的に仲も良くなる。

学校の帰り道に彼女の家に誘われたときなどは、本当に心から神さまに「ありがとう」を言った。

ランドセルの私を、彼女そっくりの優しいお母さんが迎えてくれた。

「そんなんじゃないわ」と、台所の母親と話す彼女の声が聞こえる。

お母さんの作ってくれたパンケーキを、ゴダイゴのレコードを聴きながら、二人一緒にフォークで食べた。


それから、

「クローバー、探しに行こ」

と彼女が私の手を引っぱった。

当時、学校周辺は住宅地も少なく、野原もいっぱいあった。

たくさんのシロツメクサが五月の原一面に咲いていた。

もともと学校のあったこところはイチゴ畑だった。

二人の帽子に付いている校章も、イチゴの三つの葉っぱをデザインにしたものだ。

私はそこで「五つ葉」のクローバーを見つけた。

「四つ葉」どころか「五つ葉」なんて、そうとう幸運なものに違いない。

私は大得意で、彼女の鼻先にそれをちらつかせてみせた。


――だめ!


彼女は叫んで、私の手からクローバーを振り払った。

「五つ葉は不幸なのよ」

女の子は真剣に言った。

それを取り消すためには「幸運のクローバー」がいる。

彼女は、自分の見つけた「四つ葉のクローバー」を私にくれた。

帰る支度をしていると、どこから飛んできたのか、私の頭に石が当たった。

おそらく近くの悪がきが面白半分に投げていたのだろう。

さっそく、不幸が訪れた。

しゃがんで泣いていた私の頭を、彼女がそっと、さすってれた。

それが、幸運だった。


新学期。

「手出して」

席替えの日。彼女は、私の手のひらを強引に掴んだ。

――あんたは結婚しないわ。

運命線を人差し指でなぞった彼女は、しばらくしてそう言った。

そして、おまじないのように三度、手のひらに星形を描いた。

大きな瞳と長い黒髪の女の子とは、それから離れ離れになった。


そして私は、「大人」になった。

少女だった女の子も、今では「お母さん」になって、パンケーキを焼いているに違いない。

彼女の占いは、今のところ当たっている。


(太陽の子エステバン思い出BOX「エステバン的随想」より)

Tamlinこと、私、ウィルカが、自サイト用に書いた文章『いつかどこかであなたに会った』を、こちらの自ブログに転載しました。



…小学校二年生のとき、隣の席の女の子に「恋」をしました。

真っ黒な長めの髪のボブカット、少しつり目の大きな黒い瞳の女の子で、クラスの「マドンナ的存在」だった、男子の憧れの女の子でした。

だれかに似ていると思いませんか?

そう、「ウィルカ」です。

『ドラゴンクエストX』に限らず、ほかのゲームの「ウィルカ」も似たような顔立ちになってしまうのは、初恋の女の子だった彼女のイメージが「理想の女性像」として、記憶の中に潜在的に刷り込まれていて、それを自身のキャラクターに重ねているのかもしれません。



その女の子は、「占い」が大好きでした。

中でも、「手相」が得意だったらしく、隣の席だった私は事あるごとに「手相みて~」と、自分の掌を彼女にさし開いていました。

まあ、手相を見てもらうのは口実で、大好きだった「初恋の女の子」の手に触れたかっただけなのですけどね(笑)

私の手を見たその女の子は、「あんたの手には『十字架』がたくさんある!…それから『目』も!」と驚いていました。

そのときは意味もわからなかったのですが、最近になって、私の掌の中にある十字架が、「神秘十字線」という、珍しい手相のひとつであることを知りました。

左手と右手の両方にあるのですが、「感情線」と「頭脳線」の間だけではなく、ほかの場所にもたくさんの「十字架」が刻まれています。

この「神秘十字線」がある人は、「霊感」や「直感」が強かったり、「目に見えない何かに守られている人」が多くみられるそうです。

両手に十字線がある人は、さらにその力が強い人なのだとか。

そう言われてみれば…。

私は「霊感」はまったくないけれど、「勘」は鋭いほうで、「直感」とか「予感」めいたものが当たるほうだと思います。

「幽霊」は全然見えませんが(…できれば見たくないけど)、「妖怪」のようなものは見た…というか、感じたことがあったり(笑)、「不思議な体験」をしたことも何度かあります。

その女の子が言うには、とても強い「守護霊」が私についてくれていて、悪い霊や事故から私を守ってくれているのだそうです。

実際、バイクで交通事故に遭ったとき、何十年も何百回も事故の現場検証をしてきたベテランの警察官に、「絶対に死亡事故だと思った」と驚かれたことがありました。

今にして思えば、命に関わるような大事故で、擦り傷程度で済んだあのときも、「目に見えない何か」に守られたのかもしれません。

私は動物が好きで、とくに「犬」は大好きなのに、私だけやたらに他の犬に吠えられるのも、その「目に見えない何か」が犬には見えているのかも?(笑)



もうひとつの「目」のほうは、掌ではなく親指の第一関節にあったもので、「仏眼」と呼ばれるものらしいです。

これも調べてみたら、「霊感」や「直感」が強くて、「神仏の加護を受けている相」なのだとか。

ただ、こちらのほうは、子供のころには左手の親指にあったのですが、現在では、輪の途中が切れて「目」ではなくなっています。

大人になって、子供のころの「純粋な心」がなくなったせいで、私の「魔力」も下がってしまったのか?(苦笑)

いずれまた、「妖怪」や「不思議な体験」などのお話も、ブログで書かせていただきますね♪



(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

« アストルティア個人的名所シリーズ ~エルトナ大陸編 其の一 「ツスクルの村」 | トップページ | 写真アルバム公開します♪ 「北海道の風景」~美瑛町 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2511786/71220098

この記事へのトラックバック一覧です: 初恋の想い出 ~五つ葉のクローバーと神秘十字線:

« アストルティア個人的名所シリーズ ~エルトナ大陸編 其の一 「ツスクルの村」 | トップページ | 写真アルバム公開します♪ 「北海道の風景」~美瑛町 »