フォト

フォトアルバム 「北海道の風景」 

  • 16 新冠町 「繁殖牝馬」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「北海道の風景」です。

フォトアルバム 「東京の風景」

  • 05 「子供地蔵」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「東京の風景」です。

フォトアルバム 「春」

  • 05 「船場川を泳ぐ鯉」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「春の写真」です。
無料ブログはココログ

GoogleAdsense

  • GoogleAdsense

« いつかどこかであなたに会った | トップページ | 新井用水を歩いて帰る »

2017年7月20日 (木)

まもなく『ドラゴンクエストⅩⅠ』発売ですね♪

201502252110_230129370


梅雨もそろそろ明けて、いよいよ夏も真っ盛り。

昆虫大好き、夏生まれの「私の季節」がやってきました☆

そして、もうまもなく、待望の『ドラゴンクエストⅩⅠ』の発売日ですね。

今から発売を心待ちにしておられる方々もたくさんいらっしゃると思います。



…「待望」と書きましたが、単刀直入に申しますと、私は買いません(きっぱり)

おそらく、この先も購入することはないでしょう。

数万円もするハードを新しく手に入れる金銭的余裕がないこともありますが、「ドラゴンクエストⅩⅠをプレイしたい」という意欲が、自分の中でまったく湧かないからです。

ドラゴンクエストⅩⅠに限らず、同ジャンルのほかのゲームにも言えることで、「王様の頼みを聞いてモンスターを倒してレベル上げをしてお金を貯めて装備を買って~以下繰り返し~ラスボスを倒す」という、いわゆるもっともポピュラーなタイプのRPG(ロールプレイングゲーム)をプレイすることが「しんどい」からです。

これは、子供のころは大好きだった「長編ファンタジー小説」を、現在はまったく読まなくなったことと似ています。

任天堂の『ゼルダの伝説』もRPGですが、あちらはどちらかといえばロールプレイングゲームというよりも「アクションゲーム」と「パズルゲーム」の要素が強いので、レベル上げやお金を集めることに長い時間と労力を割かなくても、プレイ自体を楽しむことができました。

何度かお話したことがある、ナムコ(現:バンダイナムコ)の名作RPG『ドルアーガの塔』も、ゼルダの伝説と同類の「アクションロールプレイングゲーム」です。

私の中で、ドラゴンクエストは、『ドラゴンクエストⅤ』で時が止まっています。


では、なぜ、『ドラゴンクエストX』はずっとプレイしているのか?

→答え「オンラインゲームがやめられないから」

その理由を10字以内で述べよ。

→答え「ほかの人がいるから」


こうやって、ブログを毎日更新しているのも上に同じで、「だれかが読んでくれるから」です。

そうでなければ、わざわざインターネット上に公開などしないですしね。チラシの裏にでも書いていればいいし(笑)

たとえ、ひとりでも私の記事を読んでくれる人がいらっしゃるのなら、私はブログを書き続けます♪

当初の予想通り、ドラゴンクエストXとはまったく関連のない記事で、しだいにブログが埋め尽くされつつありますが(苦笑)



終わりにみなさま。

厳しい暑さが続いていますが、熱中症などには十分にお気をつけて、新しく開かれる『ドラゴンクエストⅩⅠ』の冒険の旅を、どうか心ゆくまで楽しんでくださいね☆



(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

« いつかどこかであなたに会った | トップページ | 新井用水を歩いて帰る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2511786/71192298

この記事へのトラックバック一覧です: まもなく『ドラゴンクエストⅩⅠ』発売ですね♪:

« いつかどこかであなたに会った | トップページ | 新井用水を歩いて帰る »