フォト

Google AdSence

  • スポンサードリンク

フォトアルバム 「北海道の風景」 

  • 16 新冠町 「繁殖牝馬」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「北海道の風景」です。

フォトアルバム 「東京の風景」

  • 05 「子供地蔵」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「東京の風景」です。

フォトアルバム 「春」

  • 05 「船場川を泳ぐ鯉」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「春の写真」です。
無料ブログはココログ

« 魔女ウィルカの「占星術占い」☆ | トップページ | 他人のために。自分のために。 »

2017年8月18日 (金)

poco a poco

201408201929_176839869


私は昔、「風景描写」が得意でした。

「絵」による描写ではなく、「文章」による描写です。

頭の中に思い浮かんだ映像を、文字にして表現するのですが、手が勝手に動いてくれるので、私はそれを鉛筆でノートに書き写すだけで済みました。

しかし今では、それがまったくできなくなってしまいました。

私の脳が衰えてしまったのか、感性が下がってしまったのか、技量が落ちてしまったのか、美しい風景を見ても、愛らしい動植物を見ても、大好きな昆虫を見ても、昔のように、それを文章にして表現することができなくなってしまったのです。

語彙も乏しくなり、このブログの文章も、稚拙な表現しかできなくなってしまいました。



昔は、たくさんの「本」を読んでいました。

今はまったく本を読むことがなくなった代わりに、家電や自動車の「取扱説明書」ばかり読むようになっています(笑)

誰かが言っていましたが、「本は脳の栄養」だと思います。

本を読めば脳にも栄養補給ができるのかもしれませんが、サイトも直さなければならないし、ブログも書きたいし、ゲームもしたいし、車にも乗りたいし、やりたいことやしなければならないことが多すぎて、本を読む体力と気力がありません。

とくに、「長編小説」を読むのは、ものすごい時間と精神力を消費します。書くのはその3倍以上の精力を必要とするでしょう。

芸術は、自分の命を削って創り出す血の産物だと思います。

「~だと思います」というのを多用するのも、小学生の作文みたいで幼稚な書き方だと思います(苦笑)



201705272000_382719845


今日で「46歳」になってしまった私も、近年になってとうとう「老眼」が起きるようになってしまいました。

でも、「老い」は誰にでも必ず訪れるもの。

老化を拒絶して抗うより、それも自然と受け入れて、素直に歳を取るほうが、幸せに生きてゆけるのかもしれません。

あれもこれもとやるのは疲れるし限界があるので、文章能力の衰えも老化現象と考えて(笑)、今できることを「少しずつ」、やってゆくことにいたしましょう。


poco a poco



(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

« 魔女ウィルカの「占星術占い」☆ | トップページ | 他人のために。自分のために。 »

コメント

お誕生日おめでとう(*´∀`)ノ
そして持論では男は45歳からと思っている私にしてみれば、白髪も皺も魅力だけどなあ(笑)

人って、死ぬときに穏やかに行けるように歳を重ねると鈍感になるのかなあ?ってふと考えた事あるよ、、、幼子の時は死を考えるだけで不安でしかたなかった。それが大人になると考える、感じることをしなくなる。
人間て、良くできてるなあって思う(笑)

それにピカソは死ぬまで感性の人だったし、人は気持ちで生きてれば充実出来るのだろうね(^_^)

やりたいこと沢山ある46歳なら、生きてる意味ある人生で素晴らしいと思います!

健康に気をつけて、沢山のやりたいことを達成出来る様に願ってます♪

ウィルカさんおめでとう☆

エマさん、ありがとうございます^ (o^^o)
皺はあまりないのですが、白髪はかなり増えました。でもその白髪も染めて隠しているので、外見上では46歳には見えないかもしれません。
「死」についても、子供のころからいろいろ考えていました。もともと鈍感なせいか、昔も今もあまり恐怖は感じていませんでしたが、死ぬときは、穏やかな気持ちで逝けたらいいなと思います。
感性は老化するものではなく、むしろ歳を重ねるごとに磨かれるものでしょうね。
私の場合は、努力を怠って、ただ劣化しているだけです(苦笑)
感性とともに、肉体的にも精神的にも研ぎ澄まされた魂に成長できるように、自分の命を燃やして生きてゆきたいと思います。
ありがとうございました^ ^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2511786/71458437

この記事へのトラックバック一覧です: poco a poco:

« 魔女ウィルカの「占星術占い」☆ | トップページ | 他人のために。自分のために。 »