フォト

フォトアルバム 「北海道の風景」 

  • 16 新冠町 「繁殖牝馬」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「北海道の風景」です。

フォトアルバム 「東京の風景」

  • 05 「子供地蔵」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「東京の風景」です。

フォトアルバム 「春」

  • 05 「船場川を泳ぐ鯉」
    かつて愛用していた「Canon IXY DIGITAL500」で撮影した、「春の写真」です。
無料ブログはココログ

GoogleAdsense

  • GoogleAdsense

« さよなら、私の小さな「ゆうしゃ」さん。 | トップページ | 余計な気苦労ができてしまった正社員登用試験 »

2017年9月 1日 (金)

ショコラの左目から「涙」が流れ続けて止まらなくなりました

Img_1219


別に、人間のように悲しくて「泣いている」のではありません。

涙は流しながらも、能天気にお腹を見せて、ひっくり返って寝てるし(笑)


1~2週間ほど前から、愛犬のショコラの左目から「涙」が流れ出て、ずっと止まらないようになっていました。

目ヤニも出ていて、目にゴミでも入って炎症を起こしているのかと思い、しばらくの間、ウェットティッシュで目の周りを拭いてあげていましたが、涙と目ヤニが治まる様子はいっこうにありません。

両目ではなく、片目だけから涙が出て、それが何日も続くのは、ひょっとしたら左目に傷がついてしまったのでは? と心配になったので、今日、仕事が終わったあとにショコラを車に乗せて、かかりつけの動物病院へ連れて行きました。


本日のショコラの担当の獣医師は、若い女性の先生でした。

ショコラの診察の番がきたとき、その先生が、「○(私の苗字)ショコラちゃ~ん♪」と可愛らしく名前を呼んでくれるのはいいのですが、犬のショコラが返事をするはずもなく、応えるのは、「いい歳したおっさんの私」なので、普通に私の苗字を呼んでいただいたほうが、待合室で小っ恥ずかしい思いをしなくても済むのでありがたいです(笑)


診察前に体重測定をすると、現在のショコラの体重は「5.6kg」でした。

ミニチュアダックスフンドの理想体重は「4.8kg」なのですが、これはあくまでも、犬の国際団体の「ケネルクラブ」が定めているスタンダードなので、5.6kgなら、痩せても太ってもいない健康的な体重だと言えると思います。

ショコラは、診察の際でも暴れたり吠えたり噛んだりすることなく、おとなしくじっとしていて、注射を同時に2本くらい打ってもまったく動かずに悲鳴もあげないので、「強い犬やね~」といつも先生に褒められます^^

でも、抱いていると少し身体が震えていて、私のほうを不安そうにじっと見つめているので、本人はやっぱり「怖い」のでしょうね…。

ちなみに、今日は注射は打っていません。


それから、眼圧検査と目の表面の検査を行っていただいたところ、眼圧に異常はなく、目の表面にも傷は付いていないとのことで、ひとまずは安心しました。

「結膜炎」と診断されましたが、2~3日自宅で点眼をして、それでもよくならない場合はもう一度連れて来てくださいとのことで、ショコラの診断と治療はひとまず終わりました。


Img_1223


処方された点眼薬は、「ティアローズ」という、動物用の「非ステロイド性抗炎症点眼剤」でした。

「バラの涙」という名前だけあって、オレンジ色のバラの花から搾り取ったエッシェンシャルオイルのような美しい水滴が、ショコラの目にも優しく華麗に効いてくれそうな感じがします。

この目薬で、無事に治ってくれたらいいのですけどね^^

« さよなら、私の小さな「ゆうしゃ」さん。 | トップページ | 余計な気苦労ができてしまった正社員登用試験 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2511786/71586882

この記事へのトラックバック一覧です: ショコラの左目から「涙」が流れ続けて止まらなくなりました:

« さよなら、私の小さな「ゆうしゃ」さん。 | トップページ | 余計な気苦労ができてしまった正社員登用試験 »